審美歯科

今までは虫歯を除去して型取りをし、金属の歯を入れる手法がメインでしたが
近年材料が大きな発展を見せていて、銀歯にせずに白い歯を入れる事が可能になってきました。
ただ、この方法には健康保険の範囲で出来る事には限界が存在します。
当院で可能な治療内容について、ご紹介します。


まずは虫歯になり、部分的な詰め物をする時も2つの方法があります。
直接お口の中で詰める方法と、型を取って詰めるものを金属で作る方法です。
この方法の違いは歯を大きく削るか、必要な所だけを削って詰めるかの違いです。
歯は1度削ると2度と自己再生しない組織です。
そのため当院では削らなくてもいい歯は極力削らない方がいいと考えています。
型をとって詰め物を作る方法は、ある程度歯を削らなくてはいけないというデメリットがあります。

当医院では、実態顕微鏡(マイクロスコープ)を使うことにより歯を削る量を必要最小限にし、
そこにハイブリットレジンという保険適応外の材料を精密に充填する治療に力をいれております。
この材料が他の材料より優れているのは天然の歯と硬さが近似しているため、
噛み合わせで対合となる歯を傷つける事がない点と万が一欠けたとしても容易に修正が可能です。
間接的に作ったものが欠けた場合は1度外して再度型取りをして着けるという時間的な縛りも発生します。
デメリットとして、直接お口の中で詰める作業となり、お口を開けている時間が長くなってしまうことがあります。
この「詰める」という作業は難易度が高くお時間がかかってしまうのです。
また、レジンという樹脂を含んでいるため経年的に多少の変色をともなうことがあります。
変色については定期的に研磨する事、または表面一層を新しく変える事で補ます。

その他として歯を削らずに、ご自身の歯自体を白くしていくホワイトニングも行っております。
この方法にも2種類有り、歯科医院で光を当てて白くしていく方法とマウスピースを作成し、
お家で薬剤をそのマウスピースにいれて使用して頂く方法があります。

当医院では前者の方法ではホワイトニングを行っておりません。
その理由として、ホワイトニングのデメリットとして知覚過敏が出現する可能性があり、
光を当てる手法は知覚過敏発症率が高いからです。
また、白くした歯は時間の経過と共にその白さを失って行きます。
その後戻りが比較的遅い、マウスピース方式を採用しています。


審美歯科にご興味がありましたら、お気軽にご相談ください。
また、料金等については自費診療料金表をご覧ください。