義歯診療

残念なことに、ご自身の歯を失われてしまい、その欠損本数が多い場合に、この治療法が適用されます。
この方法は「残存する歯を削らなくてもすむ」という点で大きなメリットを持ちますが、
噛む力がご自身の歯で噛むよりも劣ることと、厚みが有り口腔内にいれた時は違和感がかなりあります。
また、総入れ歯となると、食べ物の温度をなかなか感じられず、お食事の楽しさが少し損なわれてしまいます。
そういった場合は健康保険の適応外になってしまいますが、
入れ歯の歯茎に触れる部分を金属に代えてあげることで厚みも減少でき、
違和感も軽減できますし温度も感じることができます。
また、部分的な入れ歯でも保険外の金属を併用することにより、
歯にかける入れ歯のバネが目立たなくできる入れ歯を作成することもできます。 お気軽に御相談ください。

自費診療の価格の目安はこちらから