虫歯治療 ・歯周治療 ・精密根管治療

虫歯治療

お口の中には食べた食材の中に含まれる糖を分解して酸を生産する細菌が生息しています。
この酸によって歯が溶かされ虫歯となります。虫歯は大きさによってC1〜C4に分類されます。

[C1]
C1は歯の表面のエナメル質という組織までしか浸透していない状況です。
自然に治る事はありませんが、しっかりとした口腔内ケアが出来ていれば、
積極的に治療せずとも虫歯が大きくなることはありません。
むしろ虫歯を除去するために健康な歯を削らなくてはいけない可能性があります。

[C2]
C2は表面のエナメル質からさらに深くなった状態です。
たまに冷たいものが沁みるなどの症状が出てきます。
この深さまで行くとケアのレベルでは不十分なため虫歯を削って詰める治療が必要となります。
痛みがなくなったな、と思っても一度受診されることをお勧めします。

[C3]
C3は虫歯がかなり進行した状態で歯の中にある神経まで到達している可能性がある状態です。
夜間に激しい痛みを感じたり、冷たいものや温かいもので激痛を感じるようになってきます。
そのような症状が出てくると残念ながら神経の処置をしなくてはいけなくなります。
成人の虫歯は進行が遅いため途中の沁みる症状をあまり感じないまま虫歯が進行していて、
気が付くと神経の処置が必要なほどに進んでいることがあります。

[C4]
最後はC4の状態です。
ここまで行くと神経自体が失活していて骨の中に膿袋を作っていることがあります。
根の長さが歯の頭の大きさと均等が確保できるくらい残っていれば保存も可能ですが 細菌に溶かされてあまりにも短くなってきてしまっていると抜歯の必要が出てきます。

”虫歯”とひとことで言っても、このように分類されています。
当医院では、しっかりとした診断のもと的確な治療をすることにより
歯の寿命を可能な限り損なうことなく、お食事を楽しんで頂けるよう心がけております。

上に戻る▲

歯周治療

歯の周りに汚れが溜まることにより歯茎が炎症を起こしそれが進行して歯周病となります。
歯周病にも軽度・中等度・重度と分類されます。

[軽度]
軽度の歯周病ならばしっかりとしたプラークコントロールにより歯周病の進行を抑えることが可能です。
歯科医院では表面に付着した歯石を超音波や器具を使って除去し、歯の表面を研磨することにより汚れを付きにくくします。

[中等度]
中等度となると歯周ポケット内にも歯石の沈着が起こりそれが原因で常に歯周ポケット内では炎症が 起こっている状態になります。これにより歯茎は赤く腫れ少し触っただけで出血し場合によっては膿もでます。 この状態になるとまずは基本的な歯周治療を行い、それでも改善しない部位に関しては外科的な処置が必要になります。
この処置にはメリットだけではなく、デメリットも存在します。
歯茎を切らなくてはいけないため、外科的な侵襲(痛みや違和感)が少なからず発生すること、
ポケットとなっている箇所を切り取るため、歯の根が多少なり露出し、審美的な問題が生じます。
また、知覚過敏が発生する可能性が考えられます。

[重度]
重度となると歯を支える骨がかなり溶かされている状態で、歯自体も動揺してきます。
この状態となると先ほどの外科処置を行ったとしても保存が困難になってくることがあります。
歯周病が進行して歯の周りの骨が溶かされると通常の噛む力すら歯の負担になってしまうことがあります。

溶かされてしまった骨は自然には回復しません。
そのため、歯周病が進行しないように日々の歯ブラシをしっかりと行うことと、
ご自身だけではケアしきれない部分を、歯科医院でしっかりケアすることがとても大切なのです。
歯科医院は決して怖いところではありません。それよりも汚れが残っている状態のほうが怖いのです。
患者さまの不安を少しでも軽減できるようにスタッフ一同心からお待ち申し上げております。
美容院に行くような感覚で、お気軽にクリーニングにご来院ください。

上に戻る▲

精密根管治療

根管治療とは歯の神経の処置であったり一度神経の処置をしたけれど根の先に感染が起きて膿んでいる歯に対して行う治療方法です。 根管内は大変複雑な構造をしているため治療の難易度は高く難しい治療となりますが、この治療がしっかりと 出来ていないとどんなに綺麗な被せ物を入れたとしても痛みが出たり歯茎にニキビのような膿の出口が出来て きたりします。その結果治療のやり直しになり、それが歯の寿命を縮める原因の一つとなります。
そのため、当院ではこの根管治療を最も重要な治療ステップであると考えています。

再治療を極力起こさないためにはどういった方法で治療をしていけばいいのかと言いますと、根管内の感染を極力起こさないことです。
残念ながら虫歯で神経が病んでしまって除去しなければいけなくなった時、歯の頭の虫歯を完全に除去した後で唾液が根管内に侵入しないようにしっかりと壁を樹脂で作ります。ただ、これだけでは不十分で歯にラバーダムというゴムのマスクをします。このマスクをするかしないかで治療の成功度が大きく 変わります。当医院では根管治療をさせて頂く際は必ずこのラバーダムをさせて頂けたらと考えております。 (ただこのラバーダムは健康保険では付ける義務はございませんのでどうしても嫌だという方は事前にお申し出下さい。)
その後、根管内を専用の器具(ニッケルチタンファイル)にて丁寧に拡大していきます。根管内は大変複雑で、 この拡大だけでは不十分なため化学的な薬剤で、しっかりと洗浄していきます。これにより届かない箇所の汚れ を綺麗に洗い流していく作業を致します。 ただ、肉眼でこの作業をすることは大変困難であるため当医院では ドイツ製の実態顕微鏡(マイクロスコープ)を導入しております。これは最大24倍まで拡大して根管内を見ること ができるので、感染した歯質や汚れをしっかりと除去し確認することで再治療を起こさない治療を心がけております。 このような複雑な治療は診療時間が短くては到底行えません。そのため当医院では根管治療に対しては 可能な限り時間を取り行っていくよう心掛けております。

また、一度根管治療を受けたが残念ながら根管内が感染してしまった歯はさらに難易度が上がります。 最初の治療で根管内に段差が出来てしまったりしていると、まずはその段差を取り除いたり、折れた器具がある場合は それらを除去していかなければなりません。このように根管治療にはその難易度を上げる付加的要因もあります。 そのため治療回数は何回で終わりますとは断言できないことがありますので予めご了承ください。

歯の根は家で例えるならば地盤です。どんなに豪華絢爛な家を建てても地盤が脆ければ全てが台無しです。
現在根の治療等でお困りの患者様、お気軽にご相談下さい。

上に戻る▲