自分の歯でしっかり噛める

健康の源は、食生活からです。
そして、その食生活になくてはならないのが、健康な歯です。
歯は、噛み砕くための道具のようなものですから、メンテナンスが必要になります。
また、壊れてしまったり、虫歯になってしまった歯には、治療が必要です。
私たちは、長い人生のなかで「できるだけ自分の歯で、健康な食生活ができる」
目標に治療に取り組んでいます。

院長からのごあいさつ

この度は、おおくぼ歯科医院のホームページをご覧頂き、ありがとうございます。
これも何かのご縁と思い、当医院のコンセプトをお話させて頂ければと思います。

歯科医院へ来院される場合、何かしらお困りの状態であることが殆どだと思います。
そこでまず、しっかりとしたインフォームドコンセントにより患者様の現在の状態を
ご説明させて頂き、それに対しての治療方法をご提案をさせて頂きます。
お口の状態は一人一人違うため、治療方法のメリット・デメリットをご理解頂き
ご自身に合った治療方法を一緒に選んでいけたらと考えております。

当医院の大きな特徴としましては、肉眼では確認が困難なものを最大24倍まで
拡大して見ることのできるドイツ製の実態顕微鏡(マイクロスコープ)を導入している事です。
これにより、歯を削る量を最小限に抑えられるたり、肉眼治療では困難を極める
根の治療も、より正確に行うことが可能となっております(根の治療の詳しい内容はこちらから)。
正確な治療を行うことにより再治療を無くし、
それによって歯の寿命を延ばすことがとても大切だと考えております。

現在お口の状態でお悩みの方はお気軽にご連絡下さい。
スタッフ一同、お待ちしております。
皆様のお口の健康の維持に少しでもご協力出来ればと思っております。
院長プロフィール
大久保 建吾(おおくぼ けんご)
[経歴]
平成17年 昭和大学歯学部卒業
平成17年 昭和大学歯科病院総合診療歯科入局
平成18年 ヒルズ歯科クリニック勤務
平成21年 医療法人社団厚和会 くまの歯科医院勤務
平成25年 神奈川県・東京都歯科医院にて非常勤勤務
平成25年 仲町台にて「おおくぼ歯科医院」開院
[所属学会]
「日本歯内療法学会」日本歯内療法学会専門医
「米国歯内療法学会」